海外FX業者のメリットとは

海外FX業者に口座開設する日本人投資家は非常に多いのですが、国内業者と比べると入出金方法が不便であるにもかかわらず利用者が多いというのは、海外FX業者にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、最大のメリットは、高レバレッジ取引ができるというところです。
FX取引の最大の魅力は、少ない証拠金に高いレバレッジをかけるところにあるのですが、国内業者の場合には、残念ながら金融庁の規制により個人投資家のレバレッジは25倍までと規制されています。
これに対して、規制を受けない海外業者の場合には200〜500倍は当たり前で、中には1000倍のレバレッジを提供しているところもあります。

トルコリラ情報をピックアップしたサイトです。

次に、これも国内業者の場合には、証拠金以上の損失が出た場合には追証が要求されますが、海外業者のほとんどが、証拠金以上の損失をゼロに戻すゼロカット制度を採用していますので、いかなる相場の急変時でも安心して取引することができます。

goo ニュースに関する情報に追加しています。

つまり、リスクが証拠金のみに限定されることになり、高いレバレッジでも安心して取引ができるわけです。
さらに、国内業者の場合には、DD方式という注文方式を採用しており、顧客の注文を自社受けする相対取引が主流となっています。


この場合には、顧客と業者の利益が相反することになり、注文処理方法がブラックボックスになっているという指摘があります。

これに対して、ほとんどの海外業者の場合には、NDD方式というインターバンクなどへの取次業務を行っていますので、顧客との利益が相反することなく、公平な取引環境を提供することが可能となっています。